弁護士になるためには?

弁護士になるためには、司法試験に合格することが必須条件となります。
これは弁護士だけではなく、裁判官や検察官になるためにも必要なものです。
そうした職業に就くために必要な学識や、応用能力を備えているかどうかを判断するためのものとなっています。

そのため、受験資格を取得するためにも条件が必要となっているのです。
その資格を得るためのルートというのは大きく分けて2つあり、必ずどちらかのルートを通り受験するという形となります。まず一番一般的なルートといえば、法科大学院を経たルートです。

この場合は既修者コースと未修者コースとに分かれており、既修者コースの場合には2年間、未修者コースの場合ですと3年間の法科大学院での学習が必要となります。この学習期間を終了した後に、受験することができるようになっているのです。

そこで合格したならば、今度は司法修習を受けることとなります。
修習の最後に修習生考試が行われ、それに合格して初めて弁護士となることができるのです。法科大学院を経ない場合にはらまず3つの予備試験に合格しなければなりません。

それは短答式、論文式、口述式となっています。
こちらの特徴というのは「大学に在学中でも受けることができる」ということです。
つまり、大学在学中に弁護士になること不可能ではないというわけです。
これに合格すれば通常と同じように司法試験を受け、司法修習と進むことができます。
その後の修習生考試についても、同様のルートを辿って資格を得ることとなります。
【弁護士の最新記事】