示談交渉が長引いてしまいそうな場合

交通事故で受ける肉体的や精神的な負担はとても大きいものとなっています。ケガの程度によっては病院に入院をしたり通院をしなければ行けないと言うこともあります。

したがって治療費が必要になります。この治療費を加害者側に請求するための話しあいのことを示談交渉といいます。話しあいは双方の保険会社がかわりに行ってくれるようにうなっていますが、しっかりとした知識を頭に入れておく必要があります。場合によっては損害賠償金額で損をするということもあるからです。

この交渉の期間には期限が設けられています。したがってスムーズに行われると言うことが大切ですが、被害者が死亡している場合には、死亡日の翌日を起点として日数が数えられるようになっています。

交通事故の示談交渉が長引いてしまいそうな場合には、次のような方法で時候を中断させることができます。それは加害者に念書を書いてもらい、治療費を支払ってもらうと言う方法です。

そしてもう一つが時効中断承認申請書を保険会社に提出するという方法です。加害者に念書を書いてもらって治療費をもらうという場合には、今後の補償についてしっかりと行ってもらうように念書を書いてもらうと言うことが大切です。そして治療費の一部を加害者に支払ってもらうと言うことになります。

この時点で支払い義務があるということになるので、時効のやり直しができるのです。内容証明郵便は、6ヶ月以内に裁判上の請求手続きが必要になります。したがって弁護士に依頼をするという方法が安心です。
【示談交渉の最新記事】