弁護士特約とは?

以前に比べ一軒の車の所有率が減少していることやカーナビの搭載する車が増え、カーナビの新化で渋滞した路を避ける路を選択したり、道幅を選択できたりと運転する人のニーズにあった路を選択したりできるようになりました。

エアーバック、事故防止のための機能を搭載した車が増えるなどさまざまな要素があいまって、車と車の交通事故が減少しています。車と車の事故の場合は自動車保険に入っているため、当事者同士の話し合いはなく保険会社と保険会社の話し合いで、保険の範囲内で慰謝料などがきまります。

最近、車の所有率が減少してきたとともに、自転車所有率が増えてきました。近頃は運動のための自転車であるロードバイク、マウンテンバイクなど高速で走る自転車が増えてきています。それに伴い、自転車と人、自転車と車の交通事故が増加しています。自転車事故といえども致死に至る事故も多く発生しています。

自転車の事故では、まず保険に入っていることが少なく、入っていても自動車のように保険会社の方が、相手方の保険会社の人と話をしてくれる保険に加入している方は少ないです。保険会社と個人との話し合いの場合は相手はプロでこちらは素人になってしまい、かなり話し合いは不利に展開します。保険会社の方も個人に対してはかなり傲慢な態度で接してきます。

病院も交通事故の場合親身に対応はしてくれないことが多く必要な検査資料を集めることも困難になってきます。保険会社とはこちらに不利な示談交渉になってしまいます。

そんな時に弁護士特約に入っていたら、検査を受けれる病院を紹介してくれたり話し合いに納得できない場合こちらに裁判する意思があると伝えると相手の保険会社の対応が急に変わり、示談割りあいが急に引き上げられることがあります。弁護士特約は泣き寝入りしない必須アイテムになります。
【弁護士の最新記事】