交通事故紛争処理センター

交通事故が発生したときには、被害者と加害者の双方で話しあいを進めると言うことが基本になりますが、ここではなかなか和解する方向へ進められないと言うこともあります。このようなトラブルを防ぐ為に、被害者と加害者との間に立って法律相談や和解の斡旋のための審査手続きなどを無料で行ってくれるのが、交通事故紛争処理センターとなっています。

交通事故紛争処理センターには、相談担当弁護士がいるので、専門的な知識がない人でも安心して利用することができます。

しかしここでは行われない業務もいくつかあります。それは自動車と歩行者、また自転車と自転車との事故によって発生する損害賠償に関する話しあいや、東京者傷害保険や人身障害補償保険など、自分が契約をしている保険会社や共済組合との保険金や共済金の支払いに関する話しあいに関するサポートは行われないようになっています。

またこのセンターでは自賠責保険後遺障害などの等級認定に関する話しあいも行われないようになっています。和解を斡旋するための審査もここで行われていますが、この審査の対象になるのは次のような場合となっています。

それはセンターとの合意などで裁定を尊重することとなっている保険会社に関する事案や、加害者が契約をしている自賠責保険の約款によって、法律上の損害賠償責任が発生したときに、被害者から保険会社に対して直接請求権が認められている事案となっています。これら以外のケースの場合には、加害者や保険会社や共済組合が、裁定があったときにこれに同意すると言うことをあらかじめ明確にしている場合となります。
【弁護士の最新記事】