被害者側になった場合の対処方

交通事故が発生したときに、被害者側になった場合にはしっかりと相手と話しあいを進める必要があります。それは今後のケガの治療費などが関係してくるからです。

肉体的や精神的に大きなダメージを受けてしまいますが、しっかりと保険会社の担当者を通して話しあいを進めていくと言うことが大切です。ここでの話しあいのことを示談交渉といいます。

保険会社が直接被害者と話しあいをしたり、加害者側に100パーセント過失があると判断される場合などには、免責証書が作られます。保険会社によって示談書や免責証書と呼ばれることがあります。この示談書には書かなければ行けないことがあります。

それは交通事故の発生した日や、事故の発生現場となります。また車両所有者の氏名や運転していた人の氏名や車両番号も必要になります。事故の状況や内容に関しても詳しく書いておきます。そして話しあいの内容や損害賠償金の支払い方法をしっかりと書いておきます。

そして書類を作成した日も忘れずに書いておきます。このときに当事者双方の署名や捺印も必要です。車両の持ち主と運転していた人が異なっていると言うときには、両方の署名と捺印が必要になります。また当事者がたくさんいるという場合には、必ず全員の署名と捺印をもらうようにします。

事故に関して会社が関係しているという場合には、会社のゴム印と社印が必要になります。相手が成人していないときにはその両親が署名と捺印をするという形になります。記入する際に間違えたときには、横線を引いて訂正をするようにします。
【弁護士の最新記事】