交差点で多発するバイク事故

道を歩いている人が、突然交通事故に巻き込まれてしまうことがあります。それは、夜間だと車のドライバーが歩行者に気付かないことがあるからです。特に、黒い洋服を着ているときには、くれぐれも車の前に飛び出さないようにしましょう。

また、お酒に酔ってしまってつい歩行者が車の前に飛び出してしまうこともあります。それを防ぐには、お酒に酔ったまま夜間の街をうろうろしないことです。タクシーなどを使って安全に自宅まで帰れるように注意することが大切です。バイクなどの二輪車も、交通事故に遭う危険性が高いのです。二輪車が交差点をまっすぐ進もうするときに、右折してくる車と衝突してしまうことがあります。それを避けるためには、右折してくる車に充分な注意を払う必要があります。

特に、危ないのが信号機の交差点で二輪車が事故に巻き込まれることです。また、二輪車でスピードを出した方がカッコいいと考えている若者もいます。

しかし、スピードを出しすぎてカーブを曲がり切れず、事故につながることもあるので注意しましょう。子供の交通事故は、およそ30%ほどが保護者と一緒に歩いているときに起きています。ですから、保護者が周囲に気をつけることで子供の事故は防ぎやすくなるはずです。

そして、子供にはきちんと安全確認をするまでは道路を渡らないようにさせましょう。ボールが公園から飛び出てしまい、それを追っていった子供が事故に遭うこともあります。しかし、これは周囲を確認しながらボールを取りに行く習慣を付けさせることで危険が回避できます。それに、横断歩道や歩道橋などの上を必ず渡るようにさせましょう。
【事故原因の最新記事】