保険金の3つの基準

交通事故が起きた場合、保険会社任せにしている方も少なくなりません。しかし、保険金には3つの基準が存在します。

その3つとは、「自賠責保険の基準」「任意保険の基準」「弁護士の基準」となります。弁護士が入れば、ほとんどすべてのケースで、弁護士基準での正当な保険金額が提示されることになります。法律事務所に依頼することのメリットはここにあります。

保険会社も弁護士が入れば、訴訟を避けるために、正当な金額を提示してくるようになるというわけです。 交通事故の示談交渉を弁護士に依頼するメリットとして、精神的な要素も大きいといえます。保険会社や相手の弁護士との、交渉する煩わしさから解放されることができます。

金銭面でのメリットに加えて、精神面でのメリットを感じている方は少なくないのが現状です。また、後遺障害の等級についても、煩雑な手続きが必要となります。このハードルを越えなければ、保険金を増額することはできません。

万が一、事故に遭ってしまった場合には、示談交渉に精通した法律事務所に依頼されることをおすすめします。法律事務所に相談するのは、費用の面でも敷居が高いと感じている方は多いのですが、最初の相談費用は、ほとんどの法律事務所では無料となっています。また、着手金も無料で交渉に入るという事務所も少なくないのが現状です。

安心して、まずは無料相談をされることをおすすめします。最終的には、成功報酬という形で、弁護士費用を支払うようになるのですが、獲得した保険金の中から支払うようになります。やはり、総合的に判断して、慰謝料・保険金を増額するためには、弁護士に依頼するメリットは大きいとえます。
【弁護士の最新記事】