過失割合と保険金の受取

車による事故は大変多くなっています。ケガをしたりして治療が必要な場合には、病院に行かなければいけませんが、この時には治療費が必要になります。

交通事故の後に起こるさまざまな問題の解決のために、事故の後には示談と言うことが行われています。加害者側と被害者側の保険会社の担当者が話しあいをするのですが、このときには注意しなければいけないことがいくつかあります。そのなかにどちらに原因があったのかということです。

交通事故の際には100パーセント片方が悪いと言うことはあまりありません。そこには何かしらの原因があるのですが、この事故の原因として過失割合があります。基本的には裁判所が決めるようになっていますが、今までの判例を元にして一定の相場が決められています。

また過失割合が問題になったときには、さまざまな状況が考慮されています。事故は必ず一定の状況で発生すると言うことではないので、当事者の状況や交通状況などが考慮されています。この他には赤信号無視や飲酒運転などの特殊事情も考慮されています。

交通事故では過失割合がよくとりあげられていますが、それはお金に関して大きく関わってくるからです。それは損害賠償金ということになります。保険金が受け取れると言うことになるのですが、この保険金の中には治療費や慰謝料や休業傷害や逸失利益が含まれています。したがって少しでもたくさん受け取ることができれば、その後の生活の中で役に立つと言うことになるのです。
【弁護士の最新記事】