交通事故の原因で一番多いのは

普段の生活で自動車は欠かせない移動手段です。しかし、鉄の塊を時速数十キロで動かしていることを失念しがちです。進化の過程で速いスピードに適応した鳥と違い、人間の認識できる範囲には限界があります。

最近では、前車の位置を感知し、ブレーキを作動させてくれたりする便利な機能も開発されていますが、それでもまだ危険が完全に減ったわけではありません。

被害者にも加害者にもなりかねない自動車の運転、皆さんはどんなことに気をつけていますか。毎日の帰り道。疲れているためつい余所見をしがちになってしまいます。しかし、こういった日常的な場面でも交通事故は起こりえます。

前の車が急に止まるかもしれない。誰かが飛び出してくるかもしれない。はたまた信号無視した車が交差点に入ってくるかもしれない。そういったことを予想していますか。

信号のない横断歩道や一時停止の標識。運転に慣れるうちについつい注意を忘れてしまいます。たまには初心に帰り、丁寧な対処をするようにしましょう。意識することでヒヤリとする場面は減ってくるはずです。

交通事故の原因で一番多いのは漫然運転、なんとなく運転してしまっている、注意が散漫になっている、そういった原因が一番多いそうです。日常的に行っている運転という作業、どうしても何となくやってしまいがちですが、運転している、という意識をしっかりと持つことで防ぐことも出来るでしょう。

日常生活やレジャー、さまざまな場面で必要になる自動車です。ぜひとも加害者にならないよう、そして楽しい生活を送るためにも安全運転に気をつけましょう。
【示談交渉の最新記事】