弁護士試験の内容

将来弁護士になりたいと考えている人がたくさんいます。しかし専門性が非常に高い資格となるので、しっかりと勉強をして準備をしなければいけません。国家資格と言うことで難易度は非常に高くなっていますが、努力をして勉強をすることで合格の未知が広がります。

弁護士として働く際には、収入は推定収入として年収が300万円から1億円と幅が広くなっています。それだけ能力や実績が大きく関係してくる仕事といえます。試験に合格するためには勉強をしなければいけませんが、その期間は約2年となっています。

裁判官や検察官このほかには弁護士になろうと考えている人は、必要な学習や応用能力を備えているかどうかを判断しなければいけません。そのために国家試験が行われています。ここでは法科大学院課程を修了した人や予備試験の合格者を対象に行われています。社会の急激な国際化や社会事情が複雑になっていると言うことで、その結果社会問題などのトラブルがたくさん発生しています。

これらの問題を解決するために法律の専門家としての弁護士の需要は高くなっています。司法試験の実施内容は次のようになっています。期間や回数制限があり、法科大学院課程を修了した人は、課程を修了した後の最初の4月1日から5年間に5回受験をすることができます。

内容は短答式と論文式による筆記の方法で行われています。口述は行われていません。科目は短答式は憲法と民法と刑法の3科目が実施されています。論文式は公法系と民事科目と刑事科目があります。選択科目としていくつかあります。受験費用は2万8000円となっています。
【弁護士の最新記事】