示談交渉と損害賠償金

車同士の事故や、車と歩行者の事故など車に関する事故が発生しています。最近では交通事故の減少が見られていますが、それでもまだまだ多いのが現状です。

事故を軽減させるために車の性能の改善などが行われていますが、もし事故にあったときにはどのような対応をすればいいのかというと、基本的には示談交渉をするということになります。

これは被害者と加害者の双方が話しあいをすることです。ケガの治療のための損害賠償金の請求などが話しあいのメインとなっています。この示談交渉に関しては期限が設けられているので注意が必要です。

たとえば交通事故で骨折などのけがをしたときには、このけがをした日を起点として日数を数えることになります。したがって治療期間が長くなる可能性がある場合には、交渉期間が短くなってしまうので注意します。

大きなけがをして長期の治療が必要という場合には、交渉する期間が残り2ヶ月から3ヶ月しかないということもあります。このような場合にはしっかりとした措置があります。

それは時効の中断という方法です。時効の中断をする場合には次のような方法があります。それは保険会社所定の書類で申し出るという方法です。

もう一つはないよう証明郵便によって催告を行うという方法です。内容証明で行うという場合には、書面が加害者側に届いた日から6ヶ月以内に裁判上の手続きを行う必要があります。

これを行わないと、請求日にさかのぼって時効中断の効力がなくなってしまうので気をつけます。
加害者が不明という場合には、損害賠償請求に関する事項が20年となっています。
【示談交渉の最新記事】